おすすめ銀行系カードローン

収入証明無しでお金を借りれる銀行系カードローン

収入証明などの書類不要で融資可能なカードローン

カードローン比較ランキング > 収入証明書不要のカードローン

収入証明書不要のカードローンとは?

 収入証明書不要のカードローンとは、収入証明書不要でお金を借りられるカードローンのことです。一般的にカードローンを利用しようと思うと、所得証明や収入証明を提出するよう求められることが多いです。ですが、所得証明や収入証明、または源泉徴収票等を準備しようと思うと手間も時間もかかってしまいますし、できれば収入証明書が不要であればそれに越したことはありません。

 消費者金融などのカードローンを申し込む際は収入証明書等の提示が必要ですが、高額の借り入れでない場合(50万円以下、他の貸金業者からの借り入れとの合計金額が100万以下等の条件あり)には運転免許書や保険証等の本人確認書類があれば申込できる場合があります。

収入証明書不要のカードローンを借りた方の体験談

 以前に使っていた消費者金融に魅力を感じなくなって、別の会社でのカードローンを考えるようになりました。過去の経験上、申し込みの際にとにかく手間暇がかかる会社は避けながらも、できるだけ限度額の大きいカードローンということで探すことにしました。色々と調べているうちに、申し込みの手間を減らすためには、まず提出書類の少ないカードローンを選ぶことにしました。

 大手の消費者金融ですと、通常申し込みのときに求められる書類には、大きく分けて本人確認書類と所得証明書類が求められます。本人確認書類は運転免許証・健康保険証・パスポート等から一つ選べばいいので簡単ですが、問題は所得証明書類です。これには直近の年収が確認可能な書類の写しの用意が必要です。

 例えば、会社に勤めている人なら源泉徴収票・住民税決定通知書・納税証明書・確定申告書の内で一通を選び提出します。さらに、審査の結果次第ではその他指定された書類を用意する必要が出る場合もあり、所得証明書類の準備は大変になることがわかっていました。そのため、できるだけ申し込み時に収入証明書を求められないカードローンでありながら限度額がある程度大きい会社にしぼって探しました。

 結果的には300万円の上限額まで借り入れができて、収入証明書の提示も不要になっている会社を見つけることが出来ました。本当に楽に、しかも素早く手続きを済ませることができて助かりました。

(50代:男性)

収入証明書不要のカードローンについてのQ&A

Q1.大手の金融機関でも収入証明書なしで借りられますか?

A1.大手の金融機関でも、収入証明書なしで借りられる場合があります。どの金融機関も収入証明書が必要となる条件を定めていて、希望限度額や状況次第では収入証明書を提示しないでも申し込めるカードローンも多いです。例えば、アコムは希望限度額が50万円超、または他社を含め借り入れ総額が100万円超の場合のみ収入証明書提示が求められます。また、三菱東京UFJ銀行は希望限度額が50万円超で収入証明書が必要です。各金融機関によって希望限度額やその他の条件は異なりますので、まずは大手金融機関のローンサービスを比較してから選ばれることをお勧めします。

Q2.収入証明書不要のカードローンでおすすめの金融機関はありますか?

A2.収入証明書不要のカードローンが利用できる金融機関はたくさんありますが、高金利のいわゆる闇金といわれるような会社やブラックOKといった会社には要注意です。収入証明書不要の金融機関を選ぶ際には、スピーディーな対応だけでなく、信頼できる実績のある金融機関の中から、より自分のニーズに合った会社を選ぶ必要があります。その点でおすすめな大手金融機関の一つはアコムです。アコムは50万円までの借り入れなら収入証明書が不要、また初利用の人は最大30日間が無利息で利用できます。プロミスも50万円までなら所得証明が不要です。プロミスではパートやアルバイトの人でも申し込めるレディースキャッシング、また24時間最短10秒で振り込み可能な「瞬フリ」など魅力的なサービスも用意されています。

Q3.収入証明書が不要でカードローンが利用できるのはなぜですか?

A3.金融機関の中には借り入れ限度額が100万円~300万円の高額でも、収入証明書不要でカードローンを利用できる場合があります。ローン会社にとっては、何百万という高額のローンを収入証明書なしで貸し付けるにはリスクがありそうですが、実は消費者金融には収入証明書がなくても本人の年収等審査できる無担保融資のノウハウがあります。申し込みの際には収入や勤続年数、年齢等を申告する必要がありますが、もし申告内容に嘘があったとしても保険証等から調べることができるのです。そのため、必ず申告の際には正しい情報を記入しないと信用を失い、借り入れすることができなくなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます