おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンの金利を徹底調査

銀行系カードローンの気になる金利について紹介

カードローン比較ランキング > 銀行系カードローン > 銀行系カードローンの金利について

銀行系カードローンの金利について

 借入れを考えたとき、一番気になるのは金利ですよね。金利は少しでも低い方が返済する際に同じ金額を結果数万円の差が出るので、もし借入れる金額が決まっているのであれば各銀行で比較して見ることをお勧めします。昔ながらの方法で店舗へ出向 かなくても、今ではネットで簡単に手続きが済むのでとても便利でになっています。

 金利が安くて総量規制対象外になるため、その分他の機関に比べると審査が厳しくなっています。また審査に必要な手続きも複雑になっていて、時間を要するので、直ぐに必要な場合には間に合わない場合がありますので、お手続きはお早めにした方が良さそうですね。

 また銀行系カードローンの場合は、“固定金利”と“変動金利”の2種類のカードローンが用意されています。“固定金利”ですと、借りている間に金利が上下することは非常に稀れに起こるこります。これに対して“変動金利”の銀行カードローンでは、経済情勢によって金利が変動することが前提になっ ているローンですので、銀行カードローン利用中にも金利が上がることも下がることもあります。また、キャンャーンを各機関で様々な時期に金利を下げたりしているので 、一概にここが良いとは 言い難いのですが、まずはメインバンクの金利について調べてみてから、他を比較してみることを お勧めします。大体変動したり、キャンペーンの有無にもよりますが、金利の相場は3%~18%前後の様です。

銀行系カードローンの金利と利息の計算方法

 金利が1%違うことで、どのくらいの差が出るのか?解説していきます。利息額を計算する式は、【借入金額×実質年率÷365日×借入期間(日数)】です。うるう年の場合は366日で計算します。

 例えば10万円を14.0%の年金利で30日間借りた場合、上の計算式に当てはめると、10万×0.14÷365×30日=1179円。ですから、10万円を30日間借りた場合利子を1,179円支払うことになります。では金利が15%の場合はというと、10万×0.15÷365×30日=1,232円になります。1%の差は53円です。10万円で計算したのでそこまで金利の差を感じません。しかし、金額が多くなればなるほどその差は大きくなります。また、借り入れる日数によって更に利息は増えるので、なるべく早く返済するように心掛けましょう。

 上記の計算方法は、毎月の返済金額を出すものではないので、カードローンを申し込む際にトータル的に支払う金額をメインに比較することができるので、覚えておくと役立つことでしょう。毎月の返済額を計算で求めるにはもっと複雑な計算方法になります。また返済し続けるうちに残高に応じて金利も変化するので、検討している金融機関などのホームページ上に返済シミュレーション機能があるので利用してみてください。ある程度借りる前に毎月の返済額と、トータル的に支払う金額は、返済の期間を知っていると役立ちます。完済ができる様に、無理のない借り入れを心掛けることが大切です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます