おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンの総量規制とはどういう意味?

銀行系カードローンの総量規制は“収入の3分の1”がキーワード

カードローン比較ランキング > 銀行系カードローン > 銀行系カードローンの総量規制とは

銀行系カードローンの総量規制とは

 総量規制とは、2010年より「多重債務者」 を減らす目的で法律化された制度です。総量規制は、原則として収入の3分の1までとされています。例えば、収入が300万円でしたら、借入れできる金額は100万円までという事になります。しかし、全ての機関の貸し付けが総量規制の対象となるわけではありません。 貸金業法の規制になります。対象となるのは、 消費者金融、クレジットカードなど 個人にお金を貸す 専門の貸金業社ということになります。 よって銀行法に基づいて貸付を行なっている銀行や、地方銀行、信用金庫などの貸し付けは、総量 規制の対象外となっています。

 ですから銀行系のカードローンは総量規制の対象外ということになります。しかし審査が厳しいというのが現状の様です。審査の基準が明記されていないので必ずしも審査が通るポイント等はありませんが、実際に銀行カードローンは審査が通れば金利も低くいので魅了的ですね。しかし、総量規制がないからといって収入に見合わない借り入れは避けましょう。しっかりご自分の収入と支出を把握することが賢い利用方法になりますので、まずは簡単な入力方法で返済シミュレーションが可能なシステムもありますので上手に利用してみましょう。

 総量規制のメリットと、デメリットは無理のない範囲の金額の設定という事ですので、収入の3分の1しか借りられないと思うか、3分の1も借入れができしっかりセーブするかは、ご自分でしっかり見極める必要があります。色々と比較してみてご自分に見合った借入れをしてみて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます