おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンのサービス内容はメリットが多い?

比較する内容でメリットが多い銀行系カードローン

銀行系カードローン比較ランキング > 銀行系カードローンのメリットを考えて比較!

銀行系カードローンか銀行のカードローンか?

《カードローンは自分のメリットを考えて比較》

 個人向けにキャッシングサービスを扱う金融機関は、主に銀行系と消費者金融に二分されます。銀行系は、銀行本体が融資するケースか、銀行の子会社が審査して融資するケースがほとんどです。消費者金融は独自の会社が個人相手にお金を貸すケースがほとんどです。どこから融資を受けるとしても、メリットとデメリットがあります。しっかりと比較検討して、自分にとって何が一番優先すべき事かという価値基準で選択すると良いでしょう。銀行本体から直接融資を受けるメリットは、金利の低さです。他の融資方法と比較すると、圧倒的とも言えるほど金利が低いです。

 貸出金利が低ければ返済が楽ですから、良い事ばかりのように思えますが、デメリットもあります。銀行本体から受ける融資には、保証人と担保となる不動産がセットで必要です。誰かに借金の保証人を頼みたくない場合や、担保にできる不動産を所有していない場合、融資を受けることはできません。銀行の子会社から融資を受ける場合はカードローンがほとんどです。保証人不要、担保不要ですが、審査に時間がかかります。申し込んでから4日程度、週末を挟んだ場合は1週間前後はかかると考えると良いでしょう。

 消費者金融にキャッシングを申し込む場合、保証人や担保は一切不要です。この点はカードローンと同じ扱いになります。消費者金融からキャッシングを受ける最大のメリットは、融資の審査が圧倒的に早いという点です。融資を申し込んだ当日に、自分の銀行口座へお金が振り込まれます。急いでお金を借りたい人にとっては、消費者金融はとても大きな味方です。


《各種キャッシングの利点を比較検討する》

 キャッシングのサービスで一番個人客に優しい銀行系カードローンは、融資の審査が迅速です。消費者金融同士でサービスレベルの比較をすると、融資の時間が30分でほぼ完了する会社と、1時間前後かかる会社があります。その差は30分前後ですから、実質的には問題になりません。融資の審査基準は、銀行系カードローンにより異なります。

 最初に融資を申し込んだ会社では断られても、すぐに別の会社で申し込むと審査OKが出ることが多いです。これは特定の銀行系カードローンを扱う会社の審査システムをゆるくしているのではなく、審査するポイントが異なるためです。銀行系カードローンもキャッシングサービスを個人客に行います。消費者金融と比較すると、金利を低めに設定しているカードが多いです。借入金額が多かったり、返済期間を長期に設定する場合、金利が低いと総返済額に差が出るので、低金利でお金を借りられるカードローンは有利になります。

 キャッシング審査のスピードを銀行系カードローンと銀行のローンで比較すると、かなりの開きが生じます。銀行系カードローンならば30分から1時間で審査の結果が分かり、OKであればすぐにお金を自分の銀行口座へ振り込んでもらう事が可能です。銀行のカードローンは、審査を数日待たなければなりません。即日審査のノウハウがない銀行カードローンは、即日審査には対応していないのです。消費者金融は、借りるお金を振り込む口座はどこでもOKです。銀行カードローンは自行の口座限定の振り込みとなるため、口座を開設する必要もありますのでお手持ちの銀行の口座の確認が必要ですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます