おすすめ銀行系カードローン

銀行系カードローンのサービス内容をしっかり把握し選ぶべし

比較する内容は自分に見合ったカードローンなのか?

銀行系カードローン比較ランキング > 自分に合ったカードローンを選ぶには!

銀行系カードローンの善し悪しをしっかり把握し選ぶ

《自分に合う銀行系カードローンを考えよう》

 昔と違って借金することに対するハードルが下がっています。利用者も多く、カードローンやキャッシングと言う呼び名だけでも抵抗が少なくなっているようです。審査もスピーディーになり宣伝もよく見かけるので、困った時は利用したいと思う人も多いでしょう。主に銀行系、消費者金融系、クレジットカード会社系と3種類に分かれています。それぞれがメリットやデメリットがあるので、予め違いを理解して自分に合う方法を選ぶことが重要です。消費者金融のものはテレビで宣伝もし、大手の会社などは店舗も多く利用者にとって借りやすいサービスが増えています。審査も早く即日融資が可能な場合もあります。総量規制の対象になっているので、限度はあるものの一定の収入があれば主婦や学生でも借り入れできます。返済利率は銀行系などよりは高めですが、計画的に返済できれば問題はないでしょう。銀行系は利率が低めであることや、銀行という安心感などで人気があります。

 また総量規制の対象外であることも融資限度額が高く設定されています。口座がある人ならより抵抗感なく利用できるかも知れません。デメリットとしては審査が他より厳しいということでしょう。クレジットカードを持っている人ならキャッシング機能を利用する方法もあります。ショッピング枠とは別に最初に設定されたキャッシング枠があり、海外で使えるのも旅行者には便利です。融資限度額は他に比べると低めですが、ショッピング機能と併用できることが特徴的です。返済方法も一括やリボ払いなど、自分のペースで選べることもメリットだと言えます。比較サイトなどを参考にして、自分にはどういうタイプのものが合うのかじっくり検討することをお勧めします。


《銀行系カードローンの善し悪しを見分けるために》

 すべての銀行系カードローンが優良とは限らないため、善し悪しを見分けるためにも比較する必要があります。安全な銀行系カードローンを選ぶための基本は、あまりにも好条件すぎる商品は避けることです。最近はこうした商品は激減していますが、一部に年率1.0%といった商品があります。1.0%での金利は住宅ローンとして考えても相当に低いものであり、小口ローンの金利としてはありえないほど低いものです。そのほか、誰にでも融資するとか、審査なしで借りられるといったローンも危険なので注意しましょう。大手金融機関の商品同士で比べれば、悪徳ローンに遭遇することはありません。大手消費者金融、都市・地方銀行、信用金庫、JAなどのローンはすべて安全です。

 ただし、大手金融機関と類似した名称を名乗る悪徳業者もあるため、必ず金融機関のホームページから申し込むようにしましょう。ダイレクトメールや電子メールで宣伝してくる業者は危険なので、借りるのは避けたほうがいいでしょう。ローン関連の宣伝というのは、業者から一方的に勧めてくることは通常ありません。以前、契約していた業者であれば、再契約をお願いする目的で電話やメールで宣伝してくることはありますが、聞いたこともない業者から宣伝が来た場合は注意するべきでしょう。

 カードローン業者の比較サイトに掲載される業者はすべて安全なので、サイト内の業者から探すようにするのがおすすめです。特に安心できる金融機関は、銀行、銀行系消費者金融、非営利の信用金庫などです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます