おすすめ銀行系カードローン

カードローンならではのサービスとは?

比較する内容は多様化する銀行系カードローンのサービス

カードローン比較ランキング > サービス内容が充実しているカードローン!

銀行系カードローンを様々な条件で比較して賢くまとめよう

《銀行と銀行系カードローンの比較》

 キャッシングサイトでは、銀行と銀行系が同じものだと説明されることがありますが、実際には同じではありません。銀行の場合は、総量規制の対象外となるのが最大の特徴であり、おまとめローンとして適しているのです。各社から借り入れているローンを一本化するためには、借りた金額と同額の借り入れができる必要があります。3社から100万円ずつ借りているならば、新たに300万円の借り入れができなければ一本化はできません。総量規制の対象となるローンだと、600万円を借りられる方でなければ一本化できないことになります。300万円のローンをまとめるには、一時的に300万円借りる必要があり、総借入額は600万円となるのです。600万円の融資を受けるためには、1,800万円以上の年収が必須となるのです。ですから銀行系の場合は総量規制の対象となるので、ローン一本化のためには銀行ローンのほうが適しています。

 それ以外の違いでは金利の差があり、銀行と比較して銀行系はやや高金利となっています。上限年率を見ると銀行は15.0%、銀行系は18.0%となっており、3%銀行のほうが低金利なのです。10万円未満の少額融資では大きな差とはなりませんが、50万円、100万円といった高額融資ではかなりの差となります。キャッシングは高金利で借りるメリットはないため、最初は銀行で審査を受けて、通過できなかった場合に銀行系から探していくのが理想です。現在は銀行キャッシングの審査も比較的通過しやすいですが、銀行系と比較するとやや厳しくなっています。


《銀行系カードローン比較でサービス内容を理解する》

 銀行系カードローンのサービスを既に上手に活用されている方にとっては、利用するメリットも、自分に適した利用方法も確立している事でしょう。その一方で、まだ利用した事がない人からしますと、このサービスについては、どうしてもマイナスイメージを持たれてしまう傾向にあるようなのです。確かに、このようなイメージを持ってしまうことも理解できない事はありません。要はお金を借りるという行為ですから、できることならば、これを利用しないで済めば、それに越した事はないでしょう。また借金する事で人生を台無しにしてしまった人も現実にいることから、その可能性に近づくかもしれないキャッシングには、興味を持たないようにしている人もいらっしゃるはずです。しかし、そういった現在のサービス内容を知らずにイメージばかりが先行してしまっている方にこそ、利用する、しないは別にしておいていただき、このサービスについての深い知識を持っていただければと思います。

 インターネットで少し調べただけでも、このサービスの内容を把握する事ができるでしょう。特に各金融会社によって審査基準や貸し付けサービスの内容が違うと言ったことから、様々な条件から、金融会社を比較しているサイトも存在しています。この条件毎に比較をし、金利が安いのはどこなのか、審査に通りやすいのはどこなのか等を確認していきますと、イメージとは全く違ったメリットや利便性に気づく事でしょう。皆さんが思うようなマイナスイメージの多くは、キャッシングというサービスを無計画に利用した人が招いた結果がほとんどです。現実には、このサービスを上手に活用し、その恩恵に与っている人もたくさんいらっしゃいますので、まずはご自身の目で確認してみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます