即日キャッシングでお金を借りたい!

 即日キャッシングで今日中にお金を借りたい方のための即日キャッシングが可能なカードローンについて、即日融資でお金を借りる経験をされた方からの実際のアドバイスを紹介しています。今すぐお金を借りたい方は参考にして下さい。

 

即日キャッシングとは

即日キャッシングとは
 即日キャシングとは、その日のうちにお金を借りられることです。プロミスなどが即日融資を行っています。即日キャッシングはフリーローンとも呼ばれ、使い道を問わない融資です。すぐにお金を借りたいなど急を要している人を対象にしているので、審査を簡略化しています。申込み方法はパソコンやスマホなどからできるWeb申込み、自動契約機からの店舗申込み、電話でのやり取りによる申込みです。お金の受け渡しは、カードを使いATMで引き落とします。また、Webや電話で口座番号を伝え、振り込んでもらうのです。
即日キャッシングは、審査時間が短いことを特徴にしています。最短で30分など、すぐに審査をして結果を出しているのです。しかし、申込みが時間外になった場合は翌営業日の支払いになってしまい、即日融資を受けることはできません。審査の対応時間もあるので、なるべく午前中には審査に申込むようにしましょう。
 即日キャッシングの申込みに必要な書類は、身分証明書と印鑑です。身分証明書は免許証か健康保険証、住民票ならどれでも構いません。50万円以下の借り入れなら、この2点だけで借りられる場合が多いです。50万円以上の借り入れでは、収入を証明できる書類が必要になるので用意しておくといいでしょう。所得証明書や源泉徴収票、給与明細書、確定申告書が対象になります。事前にそれらを用意しておけば、審査がスムーズになるでしょう。
 即日キャシングでは、与信とも呼ばれる審査が必要です。個人信用情報機関に確認して、事故の有無や借入の返済状況などを照会しています。過去に債務整理などをしている場合は、その情報が一定期間消えないので審査には通りません。借金の延滞や債務整理をしていない人が対象になっています。プロミスの即日キャッシングでは、最短30分で審査できることが特徴です。来店不要の即日融資では、平日の14時までにWeb契約を完了させれば、融資してもらえます。対象年齢は20歳以上で、69歳以下で本人に安定した収入があれば可能です。主婦や学生、パートやアルバイトでも安定した収入があれば借りることができます。借り入れは振り込みなので、来店やATMに行く必要もありません。全て来店せずできるのが魅力となっています。また、スマホと免許証だけあれば契約可能です。プロミスでは、50万円までもしくは他社との借り入れが100万円以内なら、免許証だけで契約できます。「アプリローン」というアプリがあるので、免許証の写しはスマホから提出できるのです。

 

即日振込キャッシングの選び方

即日振込キャッシングの選び方
 貸金業法が改正されてからというもの、即日融資で今日お金を借りれる事を売りにするキャッシングサービスが増えてきました。原則として保証人が不要で、利用目的が自由なものが多い金融サービスである事から、利用者の数も年々急増する傾向にあります。限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れる事が出来ますので、サラリーマンやOLの方を中心に、金銭的に足りない分を補う場合は重宝するはずです。消費者金融を中心に、即日振込のキャッシングを提供している業者は無数に存在します。
 インターネットで検索すると無数にヒットしますので、どの業者を選べば良いのか判断しかねる部分もあるでしょう。そんな時こそ、選ぶポイントを事前に知っておくと便利です。まず何よりも、各社の金利を徹底的に比較しておく必要があります。なるべく安い業者を選ぶと、月々の返済金額だけではなく、トータルでの返済総額も少なくなるはずです。多くの業者が、金利の計算は日割り算定方式を採用しています。早期に返済すればする程、お得になるのは言うまでもありません。借入金額と、返済金額の差が大きくなればなるだけ、負担が大きくなりますので、低金利のほうがお得だと言えるのです。
 次に、返済条件の優れている業者を選んで下さい。知名度の高い大手業者の場合、身近にある銀行やコンビニATMにて返済を行う事が出来ます。そして、信頼性の高さという観点から可能であれば、大手業者から借り入れたほうが良いでしょう。無理の無い返済計画を立て、今日借りたお金を有効に活用し計画的に返済する事が大切です。

 

即日キャッシングに必要な書類について

即日キャッシングに必要な書類について
 急にまとまったお金が必要になった際に強い味方となるのが、金融機関のキャッシングサービスです。早ければ即日キャッシングすることも可能ですが、そのためには手続きを滞りなく進めなくてはなりません。借り入れのための審査に必要な書類を不備なく用意して、審査に要する時間を極力短縮することが望ましいです。
 通常なら必要書類を出すよう求められるのは自己申告に基づいて仮審査を行ってからです。仮審査を終えた後に申告内容を裏付ける書類を提出し、本審査も通過すれば融資が決定するというのが一連の流れです。しかし一日で本審査まで終了して融資を得ようとする場合は、申し込みの段階で書類を全部提出しておいた方がよいでしょう。書類が早く揃えば、その分審査のスピードアップが見込めます。
 審査にあたって不可欠な書類は身分証明書と印鑑です。この身分証明書とは免許証、住民票、健康保険証などになります。顔写真なしの証明書類しかない場合、金融機関によっては公共料金の領収書などをセットで提出するよう求められるケースもあります。
 また50万円を超える高額の借り入れだと、収入証明書も必要になる可能性が高いです。特に消費者金融は、50万円以上あるいは他社での借り入れ額と合わせて100万円以上の融資に際しては、まず確実に収入証明書の提出が必須となります。消費者金融には貸金業法が適用されるため、「総量規制」という決まりによって他社と合わせて年収の3分の1を超す金額を貸すのを禁止されています。したがって高額の融資申し込みに対しては、収入証明書で年収の確認を行っているわけです。収入証明書はここ2ヶ月分の給与証明書、源泉徴収票、確定申告書の控え、所得証明書などになります。
 この他に借り手が個人事業主の場合は、一部の金融機関は営業状況確認書類の提出を求めています。これは営業状態や収支計画を記入するものですが、確定申告書を提出してあれば必要ないケースがほとんどです。最近では多くのキャッシングサービスが、インターネットでも手続き可能になっています。即日のキャッシングを必要とする人は金策のため時間に追われていることも多いので、店頭に行かずともよいネット手続きには大きなメリットがあります。必要書類の提出もパソコンならスキャナー、スマートフォンならカメラで画像を取り込んで送信すれば済むのでより簡便です。ただし借り入れ金の受け取りは銀行振込になるため、銀行の営業終了時間である15時までに振込が完了するように早めの申し込みが肝要となります。書類に不備があって再提出となる可能性も考慮すると、なるべく午前のうちに申し込みを行うのが安心でしょう。

 

即日キャッシングの審査基準について

即日キャッシングの審査基準について
 今すぐお金が必要な時などに便利なサービスが、その日のうちに融資まで可能な即日キャッシングです。ただし、即日融資可能と書かれていても、審査に落ちてしまった場合はお金を借りることができません。そのため、少しでも早く現金が必要な場合は、審査に通りやすい状態を作っておくことが大切です。
 審査に通るために重要なポイントのひとつが、業者選びです。年収などの審査基準は業者によって異なりますが、その基準を明確にしている業者というのは存在しません。ただ、業者によっては年収と借入状況など最低限の情報を入力して送信するだけで、審査基準に達しているかどうかを知ることができる仮審査を用意していることがあります。本審査では、年収や借入状況以外に勤務先や雇用形態など様々な条件や信用情報なども確認していくため、仮審査に通れば必ず本審査に通るという訳ではありませんが、現在の年収が基準に達しているかの確認はすることができます。更に、仮審査というのは本審査とは違い、落ちても信用情報に記載されることはありません。そのため、少しでも審査に通りやすい状況を作りたいのであれば、仮審査の活用をしておくことが有効です。
 本審査では、雇用条件に関する確認もあります。公務員や正社員として働いている場合は、雇用条件が原因で審査落ちをする可能性は殆どありません。ただ、非正規雇用に関する基準は業者によって異なります。そのため、非正規雇用の人が審査を受ける時には、アルバイトやパートでも利用できるかどうかを確認しておくことが大切です。非正規雇用の場合は、同じ職場で長く働き続けている人ほど、審査に通りやすくなります。
 即日キャッシングでは、年収などの条件が基準を満たしているか、信用情報に問題がないかの確認だけでなく書かれている勤務先に本当に在籍しているかを確認する審査も行われます。他の条件に問題がなくても、在籍確認ができなければ審査落ちとなってしまうことは少なくありません。更に、即日キャッシングを希望する場合はその日のうちに在籍確認ができることが重要になります。業者が在籍確認のために電話をしても、職場の就業時間が終わり全従業員が帰った後であれば誰も電話に出ることができません。すると、審査結果は在籍確認ができる翌営業日まで持ち越しとなり、その日のうちにお金を借りることができない状態となってしまいます。そのため、即日キャッシングを希望するのであれば、審査基準を満たしているかどうかの確認だけでなく在籍確認が可能な時間内に申し込みをすることが大切です。

 

即日キャッシングは土日祝日でもできるのか?

即日キャッシングは土日祝日でもできるのか?
 急にまとまったお金が必要になったとき、どう対応してよいのか困ることと思います。特に銀行がお休みの土日・祝日に、高額が必要になった場合、急にお金を工面するのは難しいです。そんな緊急時には、カードローン会社で、即日キャッシングを受けるのがおすすめです。しかし、どのカードローン会社でもすべての人が即日キャッシングを受けられるわけではなく、審査に時間がかかる人もいます。ですので、即日キャッシングを受けるには、時間のかかる手続きをいかにスムーズに進めていくのかがポイントとなります。そこで、もっとも申し込みからキャッシングの早いカード会社を見つけておくことがベストです。
 まず、24時間、土日・祝日対応可能なところを探していきましょう。さらに、安心、信頼できる大手、PC、スマホに対応し、申し込みがしやすいところを選んでみると良いです。中でも、即日キャッシングが可能で、低金利、審査基準もしっかりしているとして有力視されているカードローン会社は、「プロミス」です。プロミスの魅力は、なんといっても、審査が最短30分、融資が最短1時間で決まるスピーディーさです。高額のみならず、1万円といった少額からでの借り入れも可能なので、ちょっと飲み会代が足りない、タクシー代が足りないといったときにも使えます。金利も4.5〜17.8%と他カードローン会社よりも安くてお得です。
 また、はじめてプロミスを利用する方なら、「30日間無利息サービス」が適応されます。これは、最初に借り入れをしてから最大30日間利息が無料になるというものなので、30日以内に返金すれば利息が一切かかりません。プロミスなら、PC、スマホからのネット申し込みが可能で、平日なら14時まで振り込みキャッシングできます。さらに、夕方、土日・祝日ならATMキャッシングを受けられます。
 カードローン会社でキャッシングするというと、あまりよく思われない方もいるかもしれませんが、プロミスは、三井住友ファイナンスグループ傘下に属しているので、事実、銀行で借り入れをしているのと、ほとんど変わらなかったりするのです。即日キャッシングするにあたっても、収入、勤続年数の長さ、身分証明書の提示がきちんとされているか等々、しっかりとした審査が行われているので、プロミスは、きちんと返せる人を対象とし、判断しているカードローン会社といえます。さらに、365日、お盆、年末年始にもキャッシングが受けられるので、曜日を気にせず、いつでもすぐに申し込みができるのも、プロミスならではでしょう。このように、即日キャッシングを成功させるには、事務手続きに余分な時間をかけず、スムーズに進めていけるところを探すのがポイントといえます。

 

パート・アルバイトでも即日でキャッシングできるのか?

パート・アルバイトでも即日でキャッシングできるのか?
 即日キャッシングが可能であることがうりであるキャッシング会社「プロミス」。テレビコマーシャルなどでよく名前を聞く大手ですが、こちらの企業はパート、アルバイト、派遣などといった正社員以外でもキャッシングを利用することが出来るのでしょうか。プロミスだけでなく、大手のキャッシング会社はパート、アルバイト、派遣でも審査に通ることが大半です。基本的にキャッシングをするときの審査は「毎月安定した収入があるか」という点が重視されるため、パート、アルバイト、派遣でも毎月働いてしっかり収入を得ていれば問題ありません。ですが、主婦や学生の場合は扶養の範囲内で働いている人も多いですよね。キャッシングには「総量規制」というルールがあり、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないと決まっています。扶養控除が適用されるのは103万円以内となっており、この金額の3分の1となると、扶養の範囲内で働いている人が借りることが出来る金額は大体30万円程度と考えておくと良いでしょう。
 また、初めてキャッシングをするとなると、キャッシング会社側からの信用は過去の返済履歴などといったデータがないため、それほど高くないと言えます。そのため、初めてキャッシングを利用する人相手の場合、限度額が低く設定されることが多く、最初は10万円から20万円程度が限度額となると考えておきましょう。
 プロミスで即日キャッシングを利用することを希望する場合、自分が持っている銀行口座にお金を振り込む形式か、プロミスの無人店舗でカードを発行してATMのようにお金を引き出す形式の2種類を選ぶことが出来ます。急いでお金が借りたい場合は、インターネットで審査の申し込みをし、店舗でカードを発行するほうが、営業時間が長く、夜遅めの時間でも間に合うので急いでいる時に便利です。
 しかし、プロミスに限らず、キャッシング会社を利用する場合、源泉徴収票などといった毎月の収入を証明する書類が必要となります。源泉徴収票などは発行に1週間程度かかることが大半のため、即日でキャッシングを希望する場合、源泉徴収票もしくは、3か月分の給与明細が手元に無いとお金を借りることができません。この点を知らずに即日融資を申し込もうとする人も多いのでこの点には注意しましょう。また、収入証明書が不要というキャッシング会社もありますが、悪質な消費者金融である可能性が高いため、そのような業者を利用することはおすすめしません。

 

Webで完結!プロミスの申し込み方法

Webで完結!プロミスの申し込み方法
 急いでまとまったお金を用意したい時や身内に何かあった時にも助けてくれるのがプロミスの即日キャッシングです。申し込んだその日に現金を受け取る事ができ、金銭的なトラブルに巻き込まれた場合でもスピーディーに対応してくれます。即日キャッシングは利用目的は自由なので自分の都合に合わせて借りられるのもメリットです。
 プロミスの即日キャッシングサービスには窓口や無人契約機での申込み方法がありますが、時間を気にせず早朝や深夜でも利用する事が出来るのはWebでの申込みです。24時間365日申込みを受け付けているので空いた時間に使えます。

また申込みから審査、借り入れや返済もWeb上で完結します。カードも発行されないので誰かにキャッシングを利用している事は知られず、プライバシーがきちんと守られているので安心です。必要書類もメールでのやり取りで送れるのでスマホやパソコンがあれば何時でもどこでも申込めるのです。


 プロミスの公式サイトにアクセスしたら申込みホームに移動します。Web申し込みにはフル入力とカンタン入力があり、フル入力は必要な情報を全てWebで申告する方法です。カンタン入力は必要最低限の情報しか入力せず、後で掛かってくる電話で細かい個人情報を提供します。折り返しの電話を避けたい場合はフル入力を選択し、聞きたい事や相談したい事があればカンタン入力を選ぶとスムーズです。
 申込みをしたら送られて来るメールか専用のアプリから必要書類を提出します。即日キャッシングでは返済能力がある人物なのか、本当に本人が申込んでいるのか確認する為に様々な書類の提出が求められます。本人確認書類は健康保険証やパスポート、運転免許証が有効です。返済出来る収入がある事を証明する書類は源泉徴収票や毎月の給与明細、確定申告書です。特に収入証明書は取り寄せるのに時間が掛かる場合があるので早めに用意します。
 審査に通過すると借り入れを行う事が出来るので、自分が指定した銀行口座に現金が振り込まれる仕組みです。プロミスの会員専用ページや問い合わせなどを利用して融資して欲しい旨を伝えます。指定する金融機関によっては当日の午後2時までに申込みをしないと即日キャッシングが不可能になるケースもあるので注意します。
 借り入れをする時には必ず収入と支出のバランスを考え、無理のない返済計画を立ててから申込む事が何よりも大切です。無闇に借りるのではなく、きちんと考えてから利用するのがポイントです。

 

今日中にお金を借りたい方へ⇒三井住友銀行グループ「プロミス」